飾り線上

地獄先生ぬ〜べ〜詳細

飾り線下

わたしのおすすめの漫画は少年漫画の『地獄先生ぬ〜べ〜』です。

この漫画は小学校教師の“ぬ〜べ〜”こと鵺野鳴介が左手の“鬼の手”を武器にありとあらゆる妖怪たちの手から生徒を守るという話です。

いろいろな妖怪たちが出てくる話で説明もきちんとしているので、わかりやすく読みやすいです。

キャラクターも親しみやすいキャラクターばかりで感情移入しやすいです。

まず主人公の“ぬ〜べ〜”こと鵺野鳴介は生徒想いの優しい教師で霊能力をもっており、左手に封じられている“鬼の手”で妖怪を退治し、生徒を守っています。

『俺の生徒に手を出すな!』

のセリフにはとても胸が熱くなります。

生徒には熱血漢でスポーツ万能の立野広。

“ぬ〜べ〜”の家の近所に住む男勝りな少女、稲葉郷子。

巨乳でトラブルメーカー、よく事件を引き起こす少女、細川美樹。

オカルトマニアの栗田まこと。

他にもたくさんの個性的な生徒がいます。

妖怪もこの漫画を語る上では見逃せないキャラクターが多いです。

まずは玉藻京介。

妖狐(狐の妖怪)で“ぬ〜べ〜”のライバルになります。

クールで甘いマスクは女性たちを虜にしています。

次に雪女のゆきめ。

昔、“ぬ〜べ〜”に助けられたことで“ぬ〜べ〜”に惚れ、以降婚約者を名乗っている妖怪です。

個性的なキャラクターが織り成すストーリーは必見です。

ぜひ一度ごらんください。





Copyright (C) 2014 漫画あらすじまとめ All Rights Reserved.