飾り線上

うさぎドロップ詳細

飾り線下

主人公である大吉は30代をむかえたどこにでもいる在り来たりなふつうの気の良い兄ちゃん。

大吉の祖父が他界し、大吉は葬式にでたときに衝撃の事実をしることになる。なんと祖父にはまだ幼い「りん」という隠し子がいたのだ。

まだ幼い隠し子りんの扱いに困り、まるで邪魔者用に扱う彼らに対して不信感を募らせ、親戚一同がいる前でついには爆発してしまう大吉。

そんなことから、りんと大吉の二人の不思議な共同生活が始まるのだった。

子どもとどうしていいのかわからない大吉であったらが、今のままの会社ではいけないと思い会社の部署を異動してもらったり、周りの協力を得ながらりんに対して真摯に向き合っていく。

りんもまた祖父とそおくりな大吉に懐き、保育園でも友達もできていく。しかし、大吉には負に落ちないことがどうしても一つあった。それはりんの母親は一体だれなのか?ということだ。

ありがちなストーリーでありながらも、それぞれの内面描写をしっかりと描いており、見ごたえがある作品です。

また、りんや大吉それぞれの人生に山や谷が訪れそれを二人でしっかりと解決したり。ときにはすれ違ってしまう二人の切なさは涙腺が弱い人なら思わず泣いてしまうことでしょう。





Copyright (C) 2014 漫画あらすじまとめ All Rights Reserved.