飾り線上

風の谷のナウシカ詳細

飾り線下

いわずとしれた、日本を代表するアニメ映画作品ですが実は監督自らが描いた原作漫画が存在する。

アニメよりもよりハードな。そして、ボリュームのあるこの作品は一読の価値がある作品だ。

繁栄を極めた人類はついに神の怒りを触れることになる。巨人兵と呼ばれる超兵器によって滅ばされることとなる。そして、そのことは「火の7日間」とよって後々の時代にまで語られることになる。

そんな「火の7日間」から長い、長い月日がすぎた。

人々は腐海と呼ばれる、毒を吐く菌類のせいでかつてのような生活はできなくなり。自然と共存した生活をよぎなくされていた。

そんな世界にある一大軍事国家トルメキアとその属国である風の谷。

風の谷を治める一族の長の娘はナウシカが大きな運命に翻弄されることになる。

風の谷に突如として大型戦闘機が炎を纏いながら墜落してきたのだ。そして、その戦闘機に々から恐れられている蟲から攻撃をうけていたのだ

ふつうならば戦闘機を襲うことがない蟲がなぜ戦闘機を襲ったのか。戦闘機で出会った一人の少女から手渡された一つの石。

なぜ人類は滅びなければならなかったのか。火の七日間とはなんだったのか。

ナウシカの運命が大きく動き、世界の真相が明かされる。





Copyright (C) 2014 漫画あらすじまとめ All Rights Reserved.